1回目で外反母趾の親指の付け根の痛みはほとんどよくなり、靴を履いて歩けるようになりました

お客様写真

外反母趾が痛くて来院しました。

親指が外反し、付け根が痛くて靴を履いて長時間歩けず、いつの間にか歩き方も変わっていました。
何でもないところでよくつまずくようになりました。


診察の結果、日頃の生活習慣による身体の歪みが原因で外反母趾になったことがわかりました。

1回目の施術とテーピングで、親指の付け根の痛みはほとんどよくなり、靴を履いて歩けるようになりました。

骨盤や仙骨の調整については矯正ローラーと運動療法で股関節の可動域が広がりスムーズに動くようになりました。


バレエレッスンでも筋肉をしなやかに使えるようになり、今までよりずっと楽にバランスがとれるようになりました。
さらに通院を続け、歪みのない身体づくりを目指します。

60代 女性 T.N様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

骨盤の歪みからくる膝の痛みが初回から動きがよくなるのを感じました
変形性膝関節症による抜釘の痛みと残っていた膝の痛みが4か月後には軽くなっていました
ローラーと鍼灸の施術で膝の痛み、ダルさがスッキリ取れます!